手彫りと機械彫りは何が違うの?

宅配便の受け取りから法人の設立まで、印鑑は様々な目的で使われており、種類も非常に豊富です。
昔から使われる印鑑といえば、はんこ職人が手作業で作った手彫りですが、現在は機械にデータを入力して製作する機械彫りも増えてきています。

 

これらの印鑑には何か違いがあるのでしょうか。

 

製作スピードの差

手彫りと機械彫りの最も大きな違いは、製作スピードの差でしょう。
手彫りの場合は図面を引いて職人が直接印鑑を彫ら無ければならないので、実印などで使われるような複雑な形の印鑑はどうしても製作に時間がかかってしまいます。

 

その点機械彫りならデータを入力すれば機械が勝手に掘り進めてくれる上、固い素材でも容易に彫ることが出来るので、一日経たずに仕上げることも可能です。

 

複製の容易さ

製作スピードが速いなら、わざわざ手彫りを依頼する必要はなさそうに思えますが、実際に印鑑を使う場合、使用目的は個人や法人の証明のために使うので、機械で簡単に複製できる機会彫りの印鑑は、使用目的に適していません。

 

手彫りの場合は作った方の個性が出ますし、その日の調子や気分次第で細かいところが変わるので、一つとして同じものが作れず、個人の証明にもってこいの印鑑となります。

 

耐久性について

手彫りと機械彫りの印鑑を比較すると、耐久性にも違いが現れるといいます。

 

機械彫りの製品は、はじめから指定されているフォントに沿って彫っていますが、プロの手によって作られる手彫りの印鑑は、使用する素材に合わせて細かく彫り方を調整して、より耐久性が増すように彫られています。
そのため機械彫りの印鑑は数回使うだけで壊れることもありますが、手彫りの印鑑は長年使い続けても文字やふちが割れることなく、購入した当時のまま使い続けることが出来るといわれています。

 

一見同じように見える印鑑でも、機械彫りと手彫りとではその仕上がりに大きな差が出ます。
シャチハタのように普段から気軽に使う印鑑は機械彫り、銀行印や実印のように、非常に大事な印鑑については手彫りのものを使うといった具合に、印鑑は場面ごとに使い分けるのをオススメします。