印鑑に使われる書体について知ろう<印鑑作成時の参考に>

印鑑に使われる書体は、主に以下の6つです。

  • 篆書体(てんしょたい)
  • 印相体(いんそうたい)
  • 古印体(こいんたい)
  • 行書体(ぎょうしょたい)
  • 隷書体(れいしょたい)
  • 楷書体(かいしょたい)

印鑑の書体

それぞれの書体には特徴があるため、印鑑の種類に適した書体を選びましょう。

 

各書体に関する特徴

篆書体

まず、篆書体ですが、中国で秦の時代から使用されていた漢字の基本形です。縦横の線がきれいに交わり、ほぼすべての漢字が正方形の中に収まるのがこの篆書体の特徴で、常用漢字にはない独特の味わいを持っています。

 

特に漢数字の一、二、三は画数が少ないため、他の字とのバランスが悪くなりやすいのですが、篆書体には特殊な字体があり、その字体を使ってうまくバランスを取ることも可能です。

 

もちろん、通常の漢数字を使う方が望ましいということであれば、そのままの字でも作ってもらえます。識別が難しく偽造されにくい複雑な書体ということで、実印や銀行印に向いている書体です。

 

印相体

次に、印相体ですが、篆書体を元に作られた書体です。他の書体と比べると、かなり歴史が浅い書体ですが、印鑑が幅広い層に使われるようになってから一気に普及しました。

 

普及の理由は、八方に向かって中央から外に流れる線が縁起が良いとされたことにあります。そのため、別名吉相体とも呼ばれます。

 

この書体にも特殊な漢数字の字体があり、全体のバランスを取るために使われることがあります。篆書体がベースになっているため、篆書より更に識別が難しく、偽造されにくい書体ですが、手彫りの場合、複雑な文字が含まれていると姓名の判読ができず、自治体によっては登録できない場合もあります。

 

実印、銀行印、法人印などに向く書体です。

 

その他の書体について

その他、文字の線に独特の欠けや切れ目を付けた古印体、お札にも用いられている隷書体、識別のしやすい行書体楷書体などがありますが、これらは識別がしやすいため、認印や法人印鑑向きの書体です。

 

まとめ

実印はどの書体でなければ登録できないという決まりはありません

 

しかし、やはり識別が難しく、偽造されにくい篆書体や印相体が人気です。

 

しかし、文字の画数が多い場合は、あえて印影が鮮明で判別しやすい書体を選んでも問題はありません。