法人印・銀行印をもしなくしたらどうするの?

印鑑は個人や企業など、様々なものを証明するために必要となります。

 

企業の場合は法人印や銀行印など、様々な印鑑を利用することが多いですが、もし法人印や銀行印をなくしてしまった場合は、企業や企業が利用している銀行を所有しているという証明をなくしてしまうことになります。
もし法人印や銀行印をなくしてしまったときは、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

印鑑の廃止

 

印鑑をなくしてしまったときは、すぐに印鑑の失効手続きを行う必要があります。
もし印鑑が誰かに使われてしまった場合、会社にどれだけの被害が出るか想像もつかないので、まずは印鑑を使えないようにしなければなりません。

 

失効手続きについては、それぞれの印鑑を登録した法務局や銀行に出向く必要があり、持ち物としては印鑑手続きを行った代表の実印と、その実印の印鑑証明書、会社の印鑑カード、代表者の運転免許証などの身分証明書、新しく登録する印鑑が必要です。

 

新しい印鑑の発行

 

なくしてしまった印鑑の失効手続きが終わったら、新しい印鑑を法人印や銀行印として登録します。
印鑑の失効が終わったらすぐに再登録する必要があるので、新しい印鑑はすぐに用意しましょう。

 

法人印の印鑑登録カードや印鑑証明書の交付手数料の支払いも必要なので、忘れずに用意しておきましょう。

 

すばやく行動

 

法人印や銀行印のような印鑑をなくしてしまい、万が一人の手に渡ってしまって悪用されてしまえば、それこそ企業には数え切れないくらいのダメージになってしまいます。
取り返しのつかない事態に発展する前に、印鑑をなくしたときはすばやく行動することが大切です。

 

もちろん普段から重要な印鑑はなくさないように、きちんと保管して簡単に動かせないようにして、利用する機会があれば、すぐに元に戻すよう習慣づけてください。

 

 

印鑑の紛失は失効や再発行の手続きの面倒さもそうですが、万が一の事態が起きたときの被害が非常に大きいです。
ましてや会社の印鑑をなくしてしまうようなことがあれば、責任問題に発展するのは間違いないので、印鑑の管理は慎重に行うようにしてください。